環境にやさしい農業とは

  • 2013.10.28 Monday
  • 22:36
今日ちょっと見せてもらったは農業は,ビニールハウスの中で植木鉢のようなものに植えてあり,自動で潅水し,地面には草抑えのビニール製のマルチが敷かれていました。
除草剤をやらなくてよく,ビニールで雨も当たらないので農薬も少なくてすみます。
まさに環境に優しい。。。?

皆さんはどう思いますか。
植物工場に近い生産体系で,農薬の使用は少ないのは間違いありません。
でもふとした疑問が浮かびます。

石油由来の原料をたくさん使って,本当に環境にやさいいのだろうか?
生物多様性は完全に失っている空間だ。
うちにはどうしても環境にやさしいとは思えなかったのだ。
もちろん農薬をたくさん使えといっているのではありません。

日本は農薬の使用,イコール環境に悪い,
の思いが強すぎるのだと思います。
農薬以外にも環境に悪いものはたくさんあるのです。

国の事業 農地・水・環境・環境事業も除草剤は認められていませんが,石油製品の防草シートは認められています。
というか,防草シートを推めています。

今一度,本当に環境にやさしい農業とはなにか考える必要があるのではないでしょうか。
農業者も消費者も。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック