農産物のパッケージと環境

  • 2013.09.07 Saturday
  • 22:33
今年から直売所に出荷しています。
最初はなかなか売れなくて,試食販売をしたり,パッケージを目立つようにしたり。
それでも,量販店のスーパーや果物専門店よりはパッケージは質素です。

目立つようにするために,各産地やショップがパッケージにこだわっています。
商品をよりよく見せるために,売れるために必要なことだと思います。

でも,ときどき過度なパッケージは不要なのでは?と思います。
毎日のように食べるものなのに,買ったらすぐ捨ててしますものなのに。
もったいないし,環境にやさしくないのでは,と思ってしまいます。

もちろん,原産地や品種や栽培者などは,消費者にわかりやすく表示しなければなりません。
消費者が迷わずに選べるからです。
その意味では,当然景品表示法を守らなければなりません。

過度にパッケージされ,美味しそうに見せる。
消費者を惑わしてはいないか。
もちろん,景品表示法の不当表示にまでは当たりませんが。

果樹園たにかはできるだけ簡易なパッケージにさせてもらっています。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック