くだものを食べると健康?不健康?

  • 2013.04.06 Saturday
  • 17:58
天気も悪かったので読みたかった本を読むことにした。


フルーツは健康にいいと思っていたし、それを裏付けるデータもある。
「見直そう!くだもののちから」はそれを濃縮した本だ。

それとは反対のタイトル「フルーツをやめれば、健康になる」は衝撃的だった。
その内容を要約すると、
・肥満はカロリーでなく糖質が原因
・糖質の中でも吸収の早い果糖は肥満になりやすい
・果糖だけでなく、糖質の多い米、イモ類も肥満になりやすい
 例えば、フライドチキンよりはるさめサラダの方が太りやすい
     マヨネーズより醤油の方が太りやすい
     チョコレートよりメロンパンのほうが太りやすい
つまり、糖質が多いと肥満の原因になるということ。
おいしい果物ほど糖質が多く肥満の要因となるというのだ。
ちなみに、果汁入りサワーもダメとのこと。

糖質を取り過ぎないように、と述べたいのだろうが、インパクトが有るよう、「フルーツをやめれば・・・」とのタイトルにしたのだろ。

しかし、フルーツは体に良い面もたくさんある。
「見直そう!くだもののちから」によると、ガン予防、脳卒中予防、糖尿病患者にいいなど、視点が違うが、フルーツは良いということ、また、果物は太るは誤解だと述べている。

どっちが正しいのか?
どっちも正しいのだろう。

少なくとも果樹農家で太っている人はいないし、リンゴダイエットなどもあった。
1ついえることは、極端に偏った食事をすることは間違っている。
それは、フルーツでも米でも、肉でも同じ事だ。
バランスよく、いろいろなものを食べることが健康につながるのだ。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック